一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -

台風すごかったですね。夕方なのに蒸し暑くなって来た気がします。

毎日忙しすぎて、お知らせが遅くなってしまいました。
8月8日はハニカムブックスさんの6周年記念日でした。
そのハニカムブックスさんの6周年のノベルティグッズを製作させていただきました。
直径25mmの缶バッチです。(book台紙も付いてます!)
ハニカムブックスさんで500円以上お買い上げの方にノベルティ缶バッチプレゼント!
限定50名様ですので(まだ在庫あるそうなので)
ぜひぜひゲットしていただけたら嬉しいですー!

ハニカムブックスさんには久々に納品に訪れたのですが、
かわいいグッズや本が沢山増えていました。
いつも行ったら楽しくなる場所。
かといって実家の料理屋の仕事もあるし、イラストの仕事も詰め詰めなので、
ぜーんぜんゆっくりできませんでしたが、、
缶バッチも台紙もぎりぎりのぎりぎりに仕上がって、
ほんといつもそんな私を優しく迎えてくださるハニカムさん、
ありがとうございます。いつも癒されほっとさせてくれる方です。
6周年、本当におめでとうございます!
ノベルティに使ってくださって本当に嬉しかったです!!


そして、今nicoさんで開催されている「耳飾り展」のために
製作させていただいた七宝焼アクセサリーのご紹介です。


以前の個展でも何度も登場している「ソーダの森」をテーマに、
今度はイラストではなく七宝焼で表現しました。
今回ポストカードも少し納品させていただきました。
私はアクセサリーはほとんど身につけないので、
みんながどんな物が欲しいのか、、とすごーく考えました。
でもあまりつけない自分がつけたい!と思う物じゃないと製作も楽しくない!
ということで、自分の世界に入り込める「ソーダの森」をテーマに!と決めました。
どっぷり趣味に走っていますが、、
キラキラ、お星様、ソーダ水、彗星、泡、星屑、髪の毛の長い女の子、etc…
そんなキーワードを思い浮かべながら耳飾りが仕上がりました。
箱付きで、耳飾り一つ一つに名前が付いています。
ピアスとイヤリングとありますがパーツの付け替えはできません。


forest of soda-ソーダの森-シリーズ「ソーダの森」


forest of soda-ソーダの森-シリーズ「彗星のソーダ」


forest of soda-ソーダの森-シリーズ「星屑の泡」
真鍮で輪っかを作ってその中に硝子玉と金箔を詰め込みました。


forest of soda-ソーダの森-シリーズ「星屑の煌めき」
キラキラの部分は銀の粉です。

nico「耳飾り展」18日(月)までです。
ぜひ実物を手に取って鏡であわせてみてくださいね!
| お知らせ | - | - | posted by イラストレーター 谷口真由美 -


nicoさんでの「耳飾り展」
8/1(金)〜18(月)まで。11時〜18時(休み 火、水、木)
硝子、金属、七宝焼き、革、布、紡いだ糸、アンティークビーズの刺繍など、
様々な素材でつくる耳飾りが集まります。
私は七宝焼の耳飾りで参加させていただきます。
DMのイラストも担当させていただきました!とっても嬉しいです。
モノトーンで光沢のある紙質、とてもお気に入りです。
今回は白黒でお願いしますとnicoさんからご依頼を受けました。
私も黒地に白はあまりやったことがなかったのでDM出来上がるまでドキドキでした。
さすが、nicoさんのセンスが光ります。

ブログの更新、かなり滞っていて本当にすみませんでしたー。
毎日ばたばた、ほんと、寝ないとーでも描かないとーの戦いです。
明日(もう今日です)は新開地「CINEMA STREET FES.2014」が21日まで開催されます!
そのイベントに私の実家のお店、大力も参加させていただきます!
綴られたチケット購入いただいて映画も楽しめ、新開地のおいしいものを
飲み食いできるというお得感満載の楽しいイベントです。
大力はチケット一枚で「成瀬珈琲豆店さんの珈琲とお菓子のセット」か
「冷たいごぼう茶とそばずし1本のセット」かお選びいただけます。
詳細はkavcさんのHPへ→


6月、個人的にとても辛い月となりました。
大好きな友達が、他界しました。
何もできない無力な自分を責めてしまったり、
どうしようもないことなのに、もっと会いに行っていれば良かったなんて、
自分に都合のいい後悔ばかり。
言葉には表せないくらい大事な存在だったことに時間がたつほどじわじわじわじわ。。
彼女と出会った人にはそれぞれ彼女との大事な絆がある。
みんなが本当に寂しくて、辛くて、悲しくて、なんで?と思っていると思う。
神様は残酷だと、、本当にいるのですか?と空を見上げ問いかけたり。
また会いたいよ。伊藤さん。
あなたがいてくれたから私は乗り越えられたことが本当に沢山ある。

絵のとても上手な彼女にイラストの仕事を頼まれたことがありました。
伊藤さんの方が上手なのに、と思いながらも本当に嬉しくて。
それがこのカードです。


ヌーヴェルヴァーグやゴダール、ゲンズブール、BBなど大好きな世界が彼女と似ていました。
この絵は「ANNA」のマリアンヌ・フェイスフルのイメージだったのですが、
フランス映画から飛び出して来たような容姿の彼女がモデルだなと今強く思います。
伊藤さんとの大事なカード。

愛を込めて。電波に乗ってこの思い届いて。







 
| お知らせ | - | - | posted by イラストレーター 谷口真由美 -


5月24日(土)、25日(日)は
私の実家、割烹大力のイベント企画「喫茶大力」です。
喫茶のお菓子の内容などは「割烹大力blog」をご覧ください。→

今日は25日(日)に開催される
「kaon糸紡ぎのワークショップ」のお知らせです。

kaonさんはふわふわの綿から糸を紡ぎ、天然染料で染め、
機織り機で織って作品を作っています。
天然染料には、よもぎや、コブナ草、タマネギの皮、梅の木の皮など本当に様々で、
この素材がこんな色に染まるの?といつも聞いてしまうほどです。
彼女自作の草木と染めのノートもとっても素敵です。
自然の恵みを大切に受け取って、温かい気持ちで作っているのが
作品から伝わってきます。

そんなkaonさんのワークショップ、
草木のお話を交えながら、基本となる、糸の紡ぎ方を教えてくださいます。
タクリというインドの道具で、ふわふわの綿を細ーい糸に紡いで行きます。
自分でもびっくりするほど細い糸が紡げます!
紡いだ糸はkaonさん作の糸巻きに巻いてお持ち帰りいただけます。
誰かに何かプレゼントするときなどの素朴なリボンに使っていただいても
とっても素敵だなぁと思っています。



子供のころ、私はアニメ「ハイジ」のペーターのおばあさんが糸紡ぎをしている作業に
とても憧れていました。あの足踏みの糸紡ぎ機にも。
kaonさんは足踏みではなく、手回しの和製糸紡ぎを使っておられました。
それもとってもかわいい。本当に綿がするすると手の中を通って、
魔法のように細い糸になって行きます。
今回のワークショップではタクリを使っての糸紡ぎですが、
その感覚を味わっていただけるのが本当に一番の体験かなと思っています。
お時間ございましたらぜひワークショップご参加お待ちしています。


ご予約はメールにて受け付けております。
件名に「kaonワークショップと題していただいて、
お名前(フルネームで)とご連絡先、ご希望時間を明記の上こちらまで↓
taniguchimayumi_works*yahoo.co.jp
※*マークを@マークに変えてください。

■内容…インドのタクリという器具を使ってふわふわの綿から細い糸を紡ぎます。
■場所…大力の座敷
■時間…25日(日)第一部12時〜14時(定員4名)
          第二部15時〜17時(定員4名)  
(ご希望の時間お知らせください。)
■料金…2000円(珈琲 or 紅茶 or ごぼう茶とお菓子付き)
※材料などはこちらで全て用意いたします。

kaonさんのイヤリングやネックレスの商品も大力店頭に並びます!
綿を紡いで糸にし、天然染料で染めて、織り機で織ってアクセサリーが生まれました。
とっても手間のかかった作業、手に取るだけで自然のチカラと人の手のぬくもりが
伝わってくるような作品です。









 
| 喫茶大力 | - | - | posted by イラストレーター 谷口真由美 -


七宝焼の先生のご紹介で、加納町のギャラリーリーフさんでの
「Tシャツ展」に参加させていただいています。
5月4日(日)まで。最終日は在廊させていただいています。
ドルマンTシャツにシルクスクリーンでプリントしました。
重ね着するとかわいいタイプのこの形、最近とても好きです。
オフホワイト、パステルピンク、グレー、ベイビーイエローの4色で、
どれもMサイズです。

この間、「アナと雪の女王」吹き替え版を
後輩ちゃんに誘ってもらって見に行ってきました。
もう本当に終止感動しました、映像にも歌にも。
氷が綺麗すぎて、釘付けでしたし、日本語の歌もとっても綺麗でした。
やっぱりスクリーンの力はすごいですね。
歌聞いただけで、涙あふれる。
見て直後にもう一回見たいと思いました。次は字幕版かなぁ。
3Dも見てみたいなぁ。。

大好きなお店、「spacemoth」のイベント
「The Wild Palms by 山本ムーグ at fripier ZOETROPE」にも
お手伝いも兼ねて行ってきました。
かなりカオス状態で、DJイベント参加するのは初めてだったので、
かなり戸惑いましたが、山本ムーグさんと小田島等さんの掛け合いが
面白くて、ゆるーい時間が流れていました。
最後にかけてくれた鈴木さえ子さんのレコードめちゃ欲しくなりました。
80年代のサウンドにしびれました。

そして、「パスカルズ」のライブにも親友に誘ってもらって
一ヶ月ほど前から楽しみにしていて、こないだ行ってきました。
これも本当に気持ちが晴れ晴れして、
ピアニカやアコーディオン、トランペット、バイオリン、チェロなどなど
14人の大所帯の奏でる生音に癒されました。
元「たま」の知久さんの声がとっても心地よく、
タンクトップのパーカッション石川さんもかわいかった。
でもやっぱりロケット・マツさんが本当にかっこ良くてかわいくて、素敵でした。

イラストやらないとーと思っていて、
本当に時間なかったのですが、どれも行ってよかったぁーと思いました。
熱ーく感動することって本当に大切だなぁ。
ご依頼以外で自分の作りたいものも、
やりたいことも沢山あるのになかなか進まなくて、
でも進めようー!という気持ちのパワーを頂けた気がします。
まぁ、しばらくしたらまた足踏み状態になると思いますが。。

5月は割烹大力のイベント企画「喫茶大力」があります。
今回は「kaon」さんの糸紡ぎのワークショップも開催予定です。
また詳細を近日中にお知らせします!






 
| お知らせ | - | - | posted by イラストレーター 谷口真由美 -


NHK朝ドラ「花子とアン」がはじまりましたね。
「赤毛のアン」。カナダのL.Mモンゴメリが描いたこの作品を
日本で初めて翻訳し紹介した村岡花子さんのお話。
とっても楽しみにしていました。
この番組とは直接は関係はないのですが、
山梨県立文学館で4月12日から6月29日まで開催される
「村岡花子展 ことばの虹を架ける〜山梨からアンの世界へ〜」で、
展示室内で観覧できる大型絵本のアンの登場人物紹介のイラストに
私のイラストを使っていただきました。
山梨県立文学館さんからご連絡を頂いたときは
本当にこんなにも嬉しいことはないくらい感激しました。
子供の頃、アニメの「赤毛のアン」の世界に憧れ、
8年前には兵庫県立芸術文化センターでの「赤毛のアン」の演劇広告ポスターなどの
イラストを描かせていただきました。
そのときにも実写版の「赤毛のアン」DVDを何度も何度も見ました。
やっぱり日本人であるからこその海外への憧れが私は子供の頃から強く、
それはほとんどが世界名作劇場のアニメの作品から来ているのですが、
アンのいるグリーンゲイブルズ、パフスリーブのドレス、葡萄酒、何もかもに
強く憧れました。それを絵にできる幸せ。
そして、演劇にご招待いただき見に行ったときの感動は、
今でも思い出すと胸がじんわり熱くなります。
自分でもとても思い入れのあるお仕事で、アンの世界がますます好きになりました。
アン・シャーリー、いつも自分の中にいてくれてる強くて明るい女の子。
これからの半年間「花子とアン」を熱い気持ちと憧れの気持ちを持って
見てしまうと思います。



山梨県立文学館
「村岡花子展 ことばの虹を架ける〜山梨からアンの世界へ〜」
4月12日〜6月29日
関連映画鑑賞会(5月25日)には高畑勳監督の
「赤毛のアン グリーンゲイブルズへの道」の上映もあります!
とっても見たいです!








 
| - | - | - | posted by イラストレーター 谷口真由美 -